臭いの原因となる体臭の種類と対処法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体臭となる原因は6つ!臭いのタイプ別と対策法

体臭が発生する原因は、大まかに分けても6つあると思われます。

・汗の臭い

・足の臭い

・頭の臭い

・口臭

・ミドル脂臭。

身体より発する臭いを一言に体臭といいます。体臭でも大きく分けてこれ程タイプがあります。

更に面倒なのが、カラダのゾーンに伴い臭いが生じる原因も異なってくるので、私たちはひとりひとりの体臭が現れる原因に応じた対策を施すことが重要になります。

1、加齢臭

概して言えばオッサン年齢の体臭の典型的な要因は、加齢臭です。

過去にはそこまで広がる程のキーワードではありませんでしたが、1999年に例のポピュラーな資生堂が拡散させたキーワードと言われているようです。

加齢臭はメインにして30代後半からに始まりウォえ!ってしまうほどの臭いがあることが特有だと思います。

このような加齢臭となる原因は、「ノネナール」という成分です。

ノネナールというキーワードは知らなかったと口にする人もたくさんいるだろうと思われますので、ノネナールということを少しだけ軽くお話をさせてもらいます。

ノネナールとは!?
ノネナールとは、臭いが生じる原因物になります。

すなわち、現代人がわかる特有の加齢臭は一口に「ノネナール」ということでよろしいかと言えます。

ノネナールは、表皮の表層の毛穴の根元での皮脂腺より出てくる皮脂の中の、脂肪酸といった過酸化脂質により酸化し生み出されるもので、歳を経るにつれてその症状が始まり易いだとのことです。

その結果、歳を経るにつれて身体の内側よりノネナールが生成され易くなってしまうので、30代後半あたりより加齢臭が発生して始めると言われます。

加齢臭が男の人に多結構多いい要因は、ノネナール成分は男性ホルモンの反映が実に目立ち男性ホルモンは女の人よりも男の人の方が皮脂の分泌が多くあるからだと言われてます。

それに対し、女の人においてもノネナールがもたらされるという事はあるので、女の人だとしても加齢臭がしないわけではないのです。

2、汗の臭い

実は汗そのものはなんら無臭だとのことです。

ではどうして汗臭くなるのでしょうか?

その理由は皮脂の成分だと言えます。

私達の汗の99%は水分で出来てます。サラサラしておりほぼ臭いは発生しないでしょう。

ただし、残り1%は塩分などのようなミネラル分が多く拘り気が深くねばねばしたモノになっていると言えます。

汗そのものとしては悪臭に結び付くといったものはごく僅かしか含んでいませんが、ほんのわずかな汗が皮脂や細菌といった混合しあい、細菌より分離した際に不快な臭いを分散するという原理です。

そのことが汗の臭いの原因となります。

頭皮、脇部、デリケートゾーン、足部など汗臭くなることが多い箇所と言われ、個々に別の所に位置しているのですが、汗臭くなり得るメカニズムにおいては上記で述べた様な事項が一致しております。

3、足の臭い

足の臭いはとりわけ強力な臭いを発することで実に面倒な体臭が発生する原因の一つです。

足の裏側の臭いのメカニズムにおいては先程ご説明した通りだと言えますが、人の足の裏側というのもカラダの中だとしても汗が出やすい部分だと言われ、臭いを発生し易い部位とも言えます。

足の裏の汗の分量は、1日でコップ1杯分ということも言われます。

確かに体質やその時点でのケースによって違っていますが、そんなに汗が多く出る箇所と言えます。

足の裏側は靴下や靴というものを履く為、別の箇所より更に潤いも停滞しやすいです。

革靴を長い間足を突っ込んだのちなどは、究極にニオイも強烈であるであると推定しています。

さらに、足の裏側になってくると、汗が多く出る・潤いの多いものなので細菌が増殖が容易なという点より更に臭いが激しくなる理由が伴います。

その原因は、足の裏側のカクシツです。

足の裏面の角質が剥がれ落ちたところで、その部分を栄養素とするバクテリア密集して捕食します。

その後これまで以上に繁殖を行ないます。

こういったように足の裏面は、多数臭いがキツくなり得る要因が多くある箇所と言えます。

4、頭皮の臭い

頭皮の臭いがクサくなっていく要因の大半はフケと言われています。
前半あたりで申し上げた、汗の成分と皮膚の細菌の要因も確かにあるわけですが、と言う以上に頭部の肌となると「フケ」が要因です。

フケその訳は、足の裏側の角質と同じで古くなったら即剥がれ落ちます。
そうすると、捲れ落ちたをフケ栄養素とする細菌が増殖し、頭部にかいた汗の成分とミックスしあい分離され、例の特別な嫌な臭いが起こります。

結果から言うと、頭部の臭いはまさにフケを押さえるというのが対策の大切な点です。

5、口臭

口臭抑えることが簡単な体臭のひとつですが、一方一瞬のうちにもたらされてしまい何よりも相手方を不愉快にさせてしまいます。

とある調べのことに基づくと、最近は口臭に困っている方が大勢いるんだそうです。
このリサーチの場合20人に3人は、我慢できない程の臭い口臭があるのだそうです。

こう言った口臭となる原因は、原則として歯の近くについた歯垢や虫歯そして、ベロ(舌)などというような物が要因です。

腸内環境がひどくて便秘がちに成れば腹に停滞した便が腸内で腐って、異臭物質を多量生産していきます。

これが身体中を逆戻りして口ということからもあるものです。

ですので、しっかりと歯みがき実施しているけれどもやっぱり臭うと感じる方は腸内実態が要因の可能性もあります。

それに加えて、もしも身体的臓器が異様な場合、この後は臭いが放たれ口臭が生じる原因になってしまうとケースがあります。

そのような場合歯みがきなどといった易しい方法で何とかなる問題点ではないはず。すぐに医師に相談した方が賢明です。

6、ミドル脂臭

こちらのキーワードは認識し経験が浅い方が多いのかものと言えます。

ミドル脂臭は、様々な体臭の中においても女の人に断然嫌がられる臭いなんだそうです。
そのわけは、ミドル脂臭が撒き散らす臭いは女の人が嗅ぐと腐敗した生ゴミと一緒と感じ取るのだそうです。

相当ない言葉ですが、とても臭いである事だと言えます。

このようなミドル脂臭は加齢臭と少し異なり、30歳代近くより始まってくると言われます。

早い方だと20歳代後半からミドル脂臭を発しているである可能性もあります。

このようなミドル脂臭が発生する原因は、ジアセチルといった臭いの元です。

こちらにしても加齢臭の際と一緒で、ミドル脂臭=ジアセチルといった考え方で良いと言えます。

こちらのジアセチルといった成分は、酵母や酵母菌などのようなよく言うバクテリアが発酵することにより出来上がります。

更に分かりやすく言えば、我々の汗の1つとしています乳酸といった疲労感物質が頭部の肌に見受けられるブドウ球菌という雑菌などによって分離されて、ジアセチルが完成します。

このジアセチルといった成分が生じやすくなるメカニズムは加齢臭と同様なそうです。
そのワケは、ジアセチルをもたらし易い状態には日頃の生活の壊れが大きな要因の1つだということです。とあるリサーチことによると、30歳代から40歳を超えた方で脂っこい食事が大好物な人や、常に変わらない睡眠不足、ストレスを頻繁にあり持っている生活をしている人物に多いとのことです。

こうした乳酸を汗にメインで入れ込んでしまう要因のと言われています。

 

↓↓参考になったサイト(ワキガ、加齢臭が改善)がこちら。

ワキガ・加齢臭の改善対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す